FC2ブログ

Entries

【不登校】「絶対、行きたくない」と言い張る、高校1年の息子

下記をクリックして私の
高血圧を9だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

高校1年の留年が決まりそうです。

本人から、今回の不登校の理由を吐露しました。
部活に期待して入学したのですが、期待していた雰囲気と違う、
先輩の性格が嫌だ。絶対、行きたくないと話してくれました。

勉強事態に興味のない子なので、通信制高校の編入を
進めてもやれるのか?

さまざまな資料を集めているところです。
彼に合う学校があるのか・・・判断を迫られることに悩みます。
一度世間の荒波を感じて、本気のやる気が出るまで待つのがよいのか?

彼にとって一番良い方向性の判断と彼の意志と・・・
頑固な性格をどう前向きにできるか?

勉強の必要性を、自分のこととして感じさせたいです。

******************終わり********************************

……

回答:

留年が決まるなら、転校するしかありません。
転校してください。迷っていても世の中は誰も
構ってくれません。

それに、合う学校なんてありません。

受け入れてくれた学校がいい学校です。
考え方が違うと思います。


以前に「縁(えん)」という話をしたことがあります。

私は人だけでなく、学校や会社などもすべて
「縁」だと思っています。そこで自分を成長させて
くれるものが待っていると信じています。

どうやって今の環境の中で成長するかを考える
ことが大切です。

今の考え方では、どこへ行っても愚痴ばかり言う
子供になってしまいます。会社でもすぐに辞めて
しまいますよ。

世間の荒波を受けても、感じないのがひきこもり
という人たちです。

親の支援がなくなれば荒波を感じるでしょうが、
支援するのだから感じられません。あまり
こういう考えを簡単に言わないことです。


本気のやる気なんて出ませんよ。

「世間に出たら厳しいぞ。」

と言っても、世間に出ていない子供には
想像ができないんです。もし、想像させたいなら、
家でどんな生活をさせるかが問われます。

例えば、私の学校は寮の学校です。

経営者のご子息の方などが多いのですが、
世間の荒波に耐える前段階として全寮制の
学校を選択されるケースがあります。

結局は、あなたがどんな教育をするかです。

勉強に興味がない、ということについてです。
聞きますが、あなたは勉強していますか?
何かの専門家なのでしょうか?


1か月に何冊の本を読んでいますか?

世の中の50%の人間は大学へ行きません。
大学受験の勉強をしなくても生きています。
別に全員が必要なわけではありません。

やりたい人がやればいいんです。

もちろん、東大行ったのと、高卒でアルバイト
をしているのとでは、苦労は違いますよ。

それでも自分の選んだ道です。

全日制高校から退学するということになれば
当然、今まで通りのようにはいきません。
元には戻れませんよ。


心の狭い人から何か言われるかもしれません。

それも世間です。

ここまでは、質問に答えました。ここからが、
不登校の専門家としてのアドバイスです。

環境が自分と合わないのは、自分の感性と
今の場所の提供する価値観が合っていない
ということです。


他の同級生たちはそう感じていないのなら、
同級生たちとも大きく感性が違いますよね。

そこに断絶が起きます。

すると、この子は学校で誰とも感性レベルで
繋がりを持てていません。

もし、この子がものすごく強い子なら、感性が
違っても関係ありません。弱いから、自分を
出せないでいるのです。


これが原因です。

どこに転校しても、この問題がクリアできないと
一生の問題です。本当に続きますよ。

強くするには、他の子と違う感性を育てて強く
していくしかありません。これは理想です。現実の
問題は、勉強もあるし、学校探しもあります。

この両方について折り合いをつけることです。

現実問題ばかりに目を向ければ感性教育は
放置されて、一生の問題になります。

不登校の原因がわからないと、目先の小さな
ことにばかり気がとられます。別に私の考えを
信じる必要はないですが、私は20年以上も
不登校教育をしてきて、そう信じています。

しっかりと、感性を育てられる学校へ転校を
してください。それが答えだと思います。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:あなたと子供の状況
ステップ2:困っている事・問題点
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1104-bf48656f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ