FC2ブログ

Entries

【不登校】親の無責任な態度が招く最悪の事態とは?~ニートの実態

下記をクリックして私の
高血圧を9だけ下げて下さい
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************************

心因性のストレスから不登校になり、高2の春から
毎日授業がある通信制高校のサポート校に転校
致しましたが入学して一度も授業を受ける事が
出来ていません。朝、起きられないのです。

それでも数回、進級に関わるスクーリングは出ましたが
昼夜逆転が治らず平日は夕方迄、布団の中に居ます。

ただし学校がない日は1人でどこでも出掛けます。

大学進学したいと言う子供に対し私達親は自分から
動き出すのを黙って見守ってますが段々と我慢の限界が
きています。このままニートにならないか心配です。
今後どうしたら良いでしょうか。

******************終わり********************************

……

回答:

おそらく、このまま見守るならニートになって
ずっと家にいることでしょう。

今の状態が不登校なのかと言われれば、
サポート校へ行かないだけなので、不登校
とは定義されません。


サポート校とは通信制高校の塾みたいなもの
なので、どれだけ休んでもお金さえ払えば、
在籍することができます。それが良い点です。

もし、全日制へ転校していたら、すでに留年
処分になって退学していたはずです。

だから、今は不登校ではなくて、実質ニート
だと言えます。その認識がまだお母さんには
ないようです。


世の中にはいろいろな考え方があります。

不登校についてもそうです。あなたの考え方と
私の考え方は違うかもしれません。どちらにせよ、
自分の選択したことには責任を持つしかないです。

今の学校へ転校したら、こうなるリスクが
あったことも理解していたはずです。

心因性のストレスによる不登校だと分かって
いたのですよね。そもそも不登校の子はみんな
心因性のストレスです。怠けはいませんね。


何かその心因性のストレスを改善するような
特別な教育をやっているのでしょうか?

「子供から動くのを待っている」という言葉が
すべてだと思っています。要するに、「私は
何もしません」と言っているのと同じですよね。
結果、どうなったのでしょうか?


何が言いたいのか?

今までの考え方が間違っていたから、うまく
いっていないということに気づくことです。

それに気づかなければ、変わりません。

私がどんなアドバイスをしても、考え方が
変わらないと、そのアドバイスさえも頭には
入って来ません。

今の状態で高卒資格を取って大学進学しても
大学で再び不登校になります。

なぜなら、心因性ストレスを解決していないから。

しかし、心因性ストレスというのは、病気では
ないので病院に行っても治りません。実際、
一人で外へ出掛けたりはしています。

原因は学校空間での同級生との心理的な
繋がりが途切れたことです。


途切れた原因は、話すと長いのですが、
日本の社会構造上の理由もあるし、思春期の
感性の変化もあります。

なので、私の学校では寮生活を通じて友達との
つながりを深めるようにしているわけです。

お母さんがやっている事と反対の事をしています。

心の問題だと考えると、面倒な事や人との
関わりから遠ざかろうとして解決しようとします。
しかし、不登校はそうではありません。むしろ、
人と関わらないことで精神不安定になります。


では、どうすればいいのか?

今の環境で人と強く関われる場所を探すことです。
普通は学校ですが、その場がないのですから、
自分で探すしかありません。

私は学校の教師ですから、学校を利用して
どうやって不登校を解決するのかの専門家。

学校へ行かないなら、働くのが世の中の常識です。

通信制高校も、そもそもは事情があって中卒で
働いた人たちが大人になって仕事をしながら、
高卒を目指す学校です。前提が仕事をしている事
でした。

繋がりが持てないなら、働くことで自分を
強く保つようにするしかありません。

結局、人は自分で自分を生かさないといけません。

そのことを教えないで、「子供から動くのを
待っています。」というのは無責任な態度です。
自立を教えてあげないといけません。

しっかりしてくださいね。

もう悔やんでいる時間もないし、ただひたすら
前を向いて歩いていくだけです。元に戻そう
なんて思わないことです。

今からどう幸せになるかを考えるんです。

それと、他人と比較しないことです。他の子は
全日制高校へ行っている、と比べるから辛く
なるんです。他の人は他の人です。

では、また。

青田

追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota



質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:あなたと子供の状況
ステップ2:困っている事・問題点
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1097-eaa8aa83

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ