Latest Entries

【不登校】中学でも不登校、高校でも不登校。なぜ変わらない?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

4月に高校1年になった息子の親です。

中2で崩れ、中3の4月から学校に通いました。
高校が決まると、昼夜逆転の生活、私立高校の
宿題には一切手をつけず、入学式は行ったものの、
次の日は休みました。

私は子供からの暴言を流す事が出来ず、
勝てなくても向かっていきました。

息子は長男で色々な制限があったと思います。

毎日息子が学校に行くかで頭がいっぱいです。
登校拒否にならない為にどう接しら良いか
分かりません。

本人はマイナス思考、宿題やらない=高校に
行かないと言う極端な考えですので、極力前向きに
話す事を務めるつもりです。高校は卒業させてあげたい。

行かなくなった時、どう対処すればいいでしょうか。
中学の時は、スマホ禁止にしました。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校に子どもがなった時に、私たちは
どうやって学校へ戻そうとしか考えなく
なってしまいます。


それは当然だと思います。

しかし、そればかり考えてしまうと、
不登校の原因の本質がわからなくなります。

相談者のお父さんの内容を読んでみて
ください。どうやって学校へ行かせるか
ばかりですよね。

気持ちはすごいわかるんです。

でも、この子らしさをどうやって伸ばすかの
話はどこにもありません。

私はその意識がこの子を動かせない理由
だと思っています。

人を動かす簡単なやり方は、得意なことを
やらせて、自信を持たせて動かすことだと
みんな知っています。


それをやれていないから、動きません。

私はすごくシンプルに考えています。

動かないのだったら、得意なことをやらせて
動かせばいいと思っています。

そういう認識を持った人に、子ども自身も
話を聞こうと思ったりしてくれるのだと思って
います。

スマホを禁止しても、結局は不登校に
なってしまっています。

問題の本質がズレてしまっているんです。

私の学校では私から生徒にスマホを
渡しています。

不登校解決と関係ないからです。

子どもに対してどう接するかではなくて、
その前に親として、この子をどうやって
育てたいのかがなければいけません。


そこが子どもに見破られています。

「どうせ親は学校へ行って欲しいだけ
でしょ。親の顔が潰れるのが嫌なだけ。
こっちの事はどうでもいいんだ。」


と、思われているのです。

だから、親がどういう意図を持っている
かが重要なのです。

人は、常に自分がどう思われている
のかが気になります。子どもだって同じで
自分を大切にしてほしいんです。

不登校になったのだから余計そうです。

不登校になっている時点で強くないし、
自分ではどうすることもできないから
不登校になっているんですよね。


当たり前のことだけど、その認識を
親が持ててないと子どもは辛いです。

方法も大切だけど、意識、心の持ち方が
大切だと思います。

お父さんには、子どもの良い所を
どうやって伸ばせばいいのか?っていう
視点をまずは子育てに取り入れてください。

そうしないと、今の現状は変わりません。

共感の会話や共同作業法も形だけで
心がついていかないはずですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ