FC2ブログ

Latest Entries

【不登校】高校受験では環境を変えるべき?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年の不登校の子供の相談です。

高校受験もどうするか決まっていません。
コロナで学校行事が遅れて、修学旅行も
今月でした。参加していません。

高校受験が間に合うかわかりません。

不安でしかたありません。

こんな状況が続く中で、この子が変わるとは
思いません。動き出す感じもありません。

甘えがあるのはわかっています。

彼に好きなようにさせた方が良いのか、
環境を変えてあげた方が良いのか迷っています。
高校受験が迫っている状況ですが、
アドバイスをいただければと思います。

******************終わり******************************

……

回答:

お母さんのつらい気持ちは、
よくわかります。

「学校へ行きたくないのに無理して
行かせなくてもいいのでは?」


そう思うお母さんがいるのも当然です。

しかし、現実問題もあります。

学校を休めば、社会と関わりがなくなって、
孤立してしまいます。勉強も遅れ、友達とも
疎遠になり、人間関係作りができなくなる。

人間は社会的な生き物ですから、
人間関係が築けないと精神不安になります。

それで不登校になって、精神病などに
なってしまう子がたくさんいます。

親は自分が子供を守ればいいと考えます。


当然だと思います。

でも、ここからが問題なのです。

ちょうど思春期を迎えている今は、
子供は自立したいのです。自立しないと
いけません。


親が守りすぎると、思春期で作られるはずの
人格形成が歪(ゆが)んでしまうのです。


精神科医の先生たちは、大人で問題を
抱えている人たちの原因が思春期での
人格形成の失敗をあげています。

思春期の時に、うまく親離れができず
自立させることができないと、自分の殻に
隠れてしまうのです。

学校へ行きたくないなら行かなくても
いいのかもしれません。

自立力があるなら、それでいいでしょう。

でも、自立力がないのに親が守り続けたら
子供はどうなるでしょうか?


それが「大人のひきこもり」を100万人も
生んでしまったのではないでしょうか?


このような国は日本しかありません。

日本の教育システムが、自立教育を
欠如してしまったために不登校が数十万人、
その子たちが大人になって百万人のひきこもりが
いるわけです。


この点に気がつかなければいけません。

自立させないまま過ごさせることが
一番の問題なのです。

思春期以前の子育てと、思春期以降の
子育ては大きく変わらなければいけません。

不登校になったことで、思春期以前の
自立を阻む子育てを続けてしまうのは
子供の成長を親が止めてしまっています。

では、どうすればいいのでしょうか?


続きは明日です。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?



質問フォームはここをクリック!


不登校相談フォーム




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ