Latest Entries

【不登校】高校を退学して、家にいる子はどうすればいいの?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

毎回いろんな方のお話を聞きとてもために
なっておりますが、是非お伺いしたい事が
あり書かせて頂きました。

うちの息子は去年、高校をやめてしまいました。
入学したばかりでした。

中学校2年の冬から不登校になり、引きこもり。
高校に入ったものの、やはりが的中。退学してから
息子と話をしていく中で、学校にいく意味が
分からないと話す息子。

だからといって、目標がある訳でもなく、
今はネット上の遊びに霧中。

学校にいく意味、、、が、普通の事をいっても
理解されず、僕は逆に学校行かなくても
良いんだとのことを言いたいと。

感情論や経験上だけの事での話ではなく、
理論的にちゃんと話をで来る人としたいと言われて。
誰も僕の考えを分かってくれないと。

私には理解が出来ず、早くに行動してくれればと思う日々です。
なんとか、お知恵を拝借できたらと書かせて頂きました。
よろしくお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

私の所には、高校を退学して行き場が
無くなってしまった方の相談を頂きます。


周りの環境であったり、住んでいる地域で
あったり、さまざまな理由もあって、動けなく
なってしまっています。

もう今更、学校へ戻すこともできない場合も
あるはずです。

そういう時に子育てをする親として、どうやって
接すればいいのか話したいと思います。

私は学校の先生だから、学校って良い場所
だと思っています。学校で学ぶことも、すごく
大きいと思っています。

大人になって、学校なんて必要ないよ!
と言っている人もいますが、その人は学校へ
行ったから、その考え方を持てたんだと思います。

やっぱり、必要だったんだと思っています。

学校のない世界、日本なら江戸時代以前の
寺子屋のない世界に戻ったらどうなるのか?


アフリカの発展途上国のような状態になります。

教育が国の基本だし、教育が豊かさの土台です。

だから、学校はその国の土台だから、なくす
わけにはいきません。

でも、これは全体的な話で、一人ひとりの
人生では、学校にどうしても行けなくて、
辛い思いも現にしている人もいます。

この相談者のお子様のように、不登校を
2度経験して、退学して、家にいる状態。


その現実を考えた時に、どうすればいいのか?

私は人生とは前進するしかないと思って
います。

不登校で、高校退学してしまったら、
そこで立ち止まる必要もないし、自分は
学校へ行けない人間だと落ち込む必要も
ないと思っています。


「自分は学校に向かなかったんだ。
じゃあ、社会に向いているんだから、
社会に出てがんばってみよう。」


って、思わせるしかありません。

「高校も出なかったんだから、どうせ
何もできない。」


と、悲観的になることもできます。

学校がすべてだと親が言い続けると
悲観的になると思います。現実を冷静に
見た時に、今から学校へ入れないのなら
学校以外の道を探すべきだと思います。


子どもが自分の意見を持つことは
素晴らしいことです。

親が子どもの意見に反発すればするほど
動けなくなり、ゲームへ逃げるしか方法は
ありません。

ベストの方法はどの状況でもないと思います。

ただ、前進していくだけです。

学校へ行くのは、将来働くためでしか
ありません。働かないで生きていける人は
いません。

「学校が合わない人は、社会で働くと
成功するんだよ。」


ぐらいを言ってあげてください。

それが教育だと思うし、人を動かせる言葉
だと思いますよ。

そして、待っていても子どもは動けません。

高校を退学して、自分がどうすればいいか
わかる子はいません。


そもそも、親が今の状況を許していない
のですから、動きようもありません。社会も
知らないのですから。


社会の仕組みを教えてあげてください。

いろいろなアルバイトを経験しながら、
自分に合う仕事を探すのも良いでしょう。

途中で、やっぱり学校へ行きたいと考えて
通信制などで高卒資格を取って、専門学校
などへ行く子もいるでしょう。

すべて前進することからスタートします。

親は子どもがどうなっても100%応援して
あげないといけません。特に落ち込んだ時は
応援しないと動けなくなります。


子どもには子どもの人生があります。

親の言う通りに生き続けるわけではないです。
失敗を経験しながら、学んでいくしかないです。
そう思いながら子育てしていくといいでしょう。

中学生や学校に在籍している高校生なら、
また別のアプローチをしますよ。

退学して、どこにも在籍せず、家の中に
引きこもっている状況は親としては一番、
追い込まれた特殊な状況です。

今すぐ、子どもの考えに共感してあげて
認めてあげて、前進してください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ